政医発239号
平成10年7月22日
各国立病院長
各国立療養所長 殿
各国立高度専門医療センター総長



厚生省保健医療局
国立病院政策医療課長




「平成10年度施設内感染対策相談窓口事業の実施について」 の送付について




 標記について、今般、別添(写)のとおり医薬安全局長から通知があったので周知願いたい。






医薬薬発第527号
平成10年6月9日




保健医療局国立病院部長殿



医薬安全局長




施設内感染対策相談窓口事業の実施について




 標記については、平成6年度より施設内感染対策の一環として、医療施設等に従事する者を対象に、個別の相談を受けるための窓口事業を行っているところであるが、平成10年度においても別紙「平成10年度施設内MRSA感染対策相談窓口実施要綱」のとおり実施することとしたので、貴管下国立病院・療養所に対し、周知方御配慮願いたい。






別紙

平成10年度施設内MRSA感染対策相談窓口実施要綱


1. 目的
 施設内MRSA、感染対策に関する相談窓口を開設し、医療施設及び社会福祉施設における方施設内感染についてのより具体的な問合せに回答することにより、施設内郷A感染対策に関する知識の普及啓発を図ることを目的とする。

2. 対象
 全国の医療施設及び社会福祉施設とする。
(一般国民、マスコミを対象とするものではない。)

3. 事業実施者
 厚生省の委託により日本感染症学会が行うものとする。

4. 事業内容
(1)日本感染症学会に窓口を設け、専用FAXを設置(平成10年6月30日まて大阪地区に日本感染症学会への転送FAXを設置】する。

(2)FAX番号
東京 03 3442 6079
大阪 06 878 2688 (平成10年6月30日まで)

(3)受付期間及び時間
 ア 期間
平成10年4月1日から平成11年3月31日
 イ 受付時間
月曜日から金曜日(祝日及び12月28日から翌年の1月4日までの期間を除く。)の午前10時から午後4時までとする。

(4)相談申込及び回答方法
 ア 相談申込者は、所属施設長の氏名及び印影のある文書で、施設内MRSA感染対策に関する具体的な質問内容、氏名、職名、電話番号、FAX番号を記入の上、FAXにて送付するものとする。
 イ 上記の者に対し、日本感染症学会から推薦を受けた者が、可及的速やかに文書で回答することとする。